2023年2月 9日 (木)

春祭り

立春を過ぎ 陽の光の強さが増してきた

残っていた雪が どんどん溶けてゆく

雪の上を喜んで歩いていた飼い犬も 雪に飽きたのか

いまは太陽に温めてられた土の匂いを嗅ぐのに夢中になっている

初午の日 お稲荷様のお祭りがあった

集落には三つお稲荷さんがあり それぞれお祭りをするとのこと

赤い鳥居も年ごとに新調するらしい

お参りして 焚火にあたって甘酒をいただいて

お菓子の入った袋をもらって

小鳥のさえずるのを聞きながら のんびり歩いて家に帰った

Dsc03921 Dsc03919

 

 

 

2023年2月 3日 (金)

パンの中身

あんパンを焼いた

中身のつぶあんは両隣の方から頂いた小豆を焚いてこしらえた

丁寧な畑仕事をされるお二人からもらった小豆だから

私も丁寧に火加減をしてゆっくりと時間をかけてあんにした

焼きあがったあんぱんを食べてみた

食材を丁寧に扱うことは 大切なんだなと改めて感じた

だって今日のあんぱんは特別美味しくできたから

Dsc03907s

 

 

 

2023年2月 1日 (水)

鶏の夢

毎日 お昼ご飯はこんな感じのホットサンドを食べている

パンは自分で焼くし 野菜も自分で作っている (いまはトマトは畑に無いから これは買ってきたもの)

いつも あとは卵だな……と思っている

鶏を飼いたい でも鶏には敵が多い

でも鶏を飼いたいな かわいいし

こんな思案のぐるぐる回りから 今年は抜け出して鶏小屋を作るんだ!

毎日 美味しい卵をたべるぞと思ってる

Dsc03904s

 

2023年1月31日 (火)

雪 時々晴れ

散歩から帰ったら 雲が晴れてきた

冬は灰色の天気がつづくのだけれど それはそれで美しい

優しいグレーの光が 壊れた心をゆっくりと元の形に戻してくれる

でも こんな風に空が晴れると

光に満ちた春が早くこないかなとも思う

Dsc03902s

 

 

2022年11月12日 (土)

作品展のご案内

作品展のご案内です

Dsc03895 Dsc03897

作品展直前

毎回 自分の計画性のなさに 情けない思いをしながら

でも 楽しく製作に励んでいます

よかったら 型染の世界を覗きに来てみてください

 

 

 

 

 

2022年7月13日 (水)

お邪魔しますね

早かった梅雨明けの後 連日の雷雨

もう夏の水不足はなさそうだけど こんどは降りすぎで心配

毎日 たっぷりの雨を浴びて

お隣の畑からカボチャがお邪魔しますねって伸びてきた

Dsc03880s

 

2022年7月12日 (火)

古本と珈琲

春から住み始めた町に 古本と珈琲のお店がある

正確に表現すると私はその町のある市の市民ではあるけれど

町からかなり離れた山間に住んでいる

だから 市役所や駅のある旧市街に行くことを

自然と「町に行く」と言っている

その町に先日行って 古本と珈琲のお店があるのに気が付いた

嬉しい 町に出かけた時に立ち寄りたい場所が一つできた

子どもの頃 楽しく読んだ思い出の本を買って

美味しいアイスコーヒーをいただいて

一つ一つ こうやって楽しみを見つけていけたらいいな そう思いながら帰ってきた

Dsc03874s

 

2022年4月25日 (月)

ツバメの来る家

ツバメの来る家に住むのが夢だった

このところ ツバメが家の電線に止まって鳴いている

お目当ては外のトイレの入り口の少し奥まっているところ

私は毎日 ツバメに向かって

私のお家にどうぞ来てくださいって呼びかけている

Dsc03867s

2022年4月23日 (土)

ジャガイモからエール 

はたけの準備がまだ出来ないうちに 春のジャガイモの植え付け時期が終わりそうだったので

とにかく植えようと一畝だけ耕して 男爵イモの種芋を植えた

いい加減な植え付けだったけど 二週間経った今 畑にジャガイモの芽の列が出来ている

植物にはいつも教えられるし 励まされる

土の中から湧き上がるように伸びる芽が 

私にグイっと力をくれた

Dsc03866s

 

2022年4月22日 (金)

おはよう ルバーブ

転居した 周りの人みんなに手伝ってもらって植物も一緒に移動できた

大きな鉢の住人はルバーブ

暖かくなって新芽がぐんぐん伸びてきた

おはよう ルバーブ

毎晩 鹿がやって来るようなので しばらくは網の中

そのうち鹿囲いをした畑に移してあげるね

Dsc03860s

«粉雪の朝

無料ブログはココログ